Menu/Prof
翻訳
スズキマコト
自由人
元々は楽器屋のギター兄ちゃん。
趣味でプログラミングしてるうちに
本職になってしまった人。

過去に喋っていた言語
c pascal Assembler
perl PHP Python Ruby など
javascriptなどは都度必要に応じて。
最近Mac買ったのでswift勉強してます。

体ぶっ壊して死にかけたので人生RESET中。
\ ポイント最大10倍! /

おいAlfredだぞ

contents

しばらく前から気になっていた

YoutubeやBlogでも絶賛されているMAC用の定番TOOLのAlfred。

入れましたよ私も 即Mega support化 47£ です。

管理人

まぁ手に馴染んだらコレは確かに凄い。

キーボードだけで色々できる

Spotlightが無くても良さそうな勢いなんでとりあえずindex作成

止めてしまおう。無駄なリソースは使わない

管理人

Alfred起動して 検索窓に >sudo mdutil -a -i off で

SpotLight 止

alfred
管理人

そうするとコマンド入力された状態のターミナルでsudoってるのでパス聞いてくるので入力

passいれて
笑顔な助手

そしてこうなる

結果
笑顔な助手

楽しいねw

管理人

Spotlight復活するなら sudo mdutil -a -i on

クリップボードとスニペ

買った直後はクリップボードヒストリー動いてないんよ

メニューバーの帽子を左クリックしてPreference選択するか alfred起動して検索窓で , を実行で

Alfredの設定画面が出現するのでそこで一番左側の親menuから

Features選択

すぐ右側の子menuの中に Clipboard History を選択

出てきた画面の HIstory TAB(最初の画面)の一番上 Clipboard History:

Keep plain Keep images Keep File Lists をそれぞれ任意の期間に設定。

びっくりな助手

インストール直後はここの値がNULLみたいなので指定しないとClipBoard HIstoryが動きません。

Clipboard設定

設定したHOTkeyか Alfred検索窓から clip と入力すればコピーした履歴だせて再利用できるようになります。

繰り返し使いたいならスニペ化すれば良いので

クリップボード履歴を表示した状態で目的の保存したいコピー履歴のところで command + s

がその前に 先ほどの 設定画面出して自分のスニペ格納しておくところを作っておこう。

スニペット格納先を作る

先ほど同じ設定画面出して snippets の項目開いてスニペット一覧の下部にある + をクリックして

笑顔な助手

格納先を作る。

スニペット格納場所を作成
笑顔な助手

こうなる

格納場所作ったらスニペット作ってみよう

笑顔な助手

clipboardに格納されたコピーを確認

笑顔な助手

試しに一番下の文章をスニペット化してみます 選択して command + s

笑顔な助手

必要な項目に必要な情報を入れる。

出来上がったら早速試す

自分用スニペット設定で Keywordを設定しておくと エディター等で文章入力時に

キーワードを入力すると設定された文章が一撃で挿入されるw 上の例なら びっくりマークaaaだわな。

実際にここで入力するとスニペ発動しちゃうので 頭の ! は びっくりマークと書かせてもらったw

メールの定型文や HTMLやCSSの定型文 プログラミングソースの雛形など応用先は

無限にありますなぁ

管理人

やめられんわコレ。

シェアしてくれると喜びます
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
contents